書評「食べなきゃ、危険!」食のミネラル不足と病気について考える

「食べなきゃ危険」表紙読書

みなさま、ミネラルを摂取されていますでしょうか?

現代食はミネラルが不足しがちなことを知り、心身の健康のために食事を見直しませんか。

みなさん、こんにちは!

今回は、「食べなきゃ、危険!(食卓はミネラル不足)」(小若順一、国光美佳、食品と暮らしの安全基金著)について、書かせていただきます。

食べなきゃ危険!(本の表紙)
本の表紙

勉強会でこの表紙を見たことがあったため、気になっていました。

ポムポムようかん
ポムポムようかん

ミネラル不足について知らないことが多かったため、今後は気をつけていこうと思いました。

この記事のポイント
  • 「食べなきゃ、危険!(食卓はミネラル不足)」の書評、感想です。
  • 本書を読むメリット
    • 現代はミネラル不足になっている理由を知ることができる。
    • 発達障害のお子さんたちが良くなっていく事例を知ることができる。
    • 生活で取り入れるべき方法を知ることができる。
  • こんな方におすすめ
    • 発達障害にお悩みの方
    • 食の安全性にご興味のある方
    • ミネラル不足についてご存じない方

正直、私は食事のミネラル不足や、発達障害との関連性について知らないことが多かったため、大変勉強になり、目からウロコのところ多々ありました。

また、食品の加工について知らないことがあり、勉強になりました。

自分が食べるものについて考える良いきっかけになりましたね。

ご興味の有る方はぜひ本書を手にとって読んでみてください。

本書を読む前

ミネラルって言われても家庭科の授業で出てきたかなという程度で、正直、私が学生や一人暮らしをしている間は気にしなかった内容です。

特に私が若い頃は、安くてお腹いっぱいになることを優先してしまってました。

社会人になって、会社の同僚が発達障害?のような特徴があるような……と思って気になったり、家族や親戚に発達障害の疑いがあったりして、最近は色々と気にしておりました。

以前に、出席させていただいた、ミネラル不足と発達障害に関係する勉強会をきっかけに本書を知りました。

食事が発達障害にどこまで効くのか半信半疑ではありましたが、食事の勉強会というものにそんなに参加したことがなかったので、なかなか知ることが出来ないことがあって大変勉強になりました。

また、発達障害のお子さんの回復される様子が分かりやすく説明されており、実感が湧いてきました。

その勉強会で紹介されていた書籍でしたので、図書館で見かけた時、思わず借りてしまいました。

勉強すること
読書は勉強になりますね

本書からの気付き

食べなきゃ、危険!食卓はミネラル不足

ミネラル(無機質)って五大栄養素の一つで、例えばカルシウム、鉄、亜鉛などがありますよね。

五大栄養素に数えられるくらいなので、身体に必要な栄養素で身体を整えるそうですよ。

その一方で、本書を読むことで、現代の食事はそのミネラル不足になっているということと、そうなってしまった原因が書かれていてよく分かりました。

私はこれまで知りませんでしたが食材の加工について想像以上にされていることが説明されています。

これについては結構自分はショックで、そういう話がずっと続いているので、読み進めていくとなんだか悲しくなってきました。

加工食品は仕方ないけど、魚や肉は大丈夫と勝手に思ってましたが、それも怪しく思えてきました。

普段、購入している食材は、一体どうやって作られているのか。

安すぎる食材は、本物の材料なのだろうか。

若い頃はよく安い食べ物を好んで食べてきてしまいましたが、安さの理由とか、気になってしまいます。

逆に言うと本物の食材、食事というのは、そんな安い値段では出来ないんでしょうね。

値段の安さを気にしすぎてそういう流れになってしまったのかもしれませんが、心を含めて身体が健康じゃないと、自分のやりたいことは出来ないですし、幸福度は下がってしまいますよね。

少々お値段が高くても、きちんと栄養のある食材を買いたい!と思わせてくれます。

実際に、そういう本物の食材を売っているお店は、自分が知る限り近所に多くはないため、一店舗あるだけでも大変貴重なものですね。

今後の行動

本書は、自分が口にしている食材・食事について考えるキッカケになりました。

そんな中で、今後は添加物や加工食品をなるべく避けることと、ミネラルを接種することを意識していきます。

特に私の場合、ダシは今まで市販の顆粒のものを入れたらいいやとしていたのですが、考え直すと良くなかったです。

煮干しや昆布からダシを取ることはほとんどやったことがなかったですが、添加物無しでダシを作るってミネラルを摂取すること、今後は意識的にしてきたいと思いました。

まとめ

サラッと読むことができる本書ですが、心身の健康について非常に重要なことが書かれており、食事について考えさせられる一冊となっております。

こういう内容について知らない人が多いので、こういう本がもっと広まったら良いのになと思います。

ところで、近くの学校でも発達障害のお子さんが増えていると自分も聞いています。

現実にそういうことが起こっているのですね。

そういう方々への一助になればいいなと考えてしまいます。

非常に読みやすいことと、実例が紹介されており、分かりやすかったです。欲を言えば、科学的な根拠がもっとあればよかったのかもしれません。

Nくま
Nくま

ご興味のある方はぜひ本書を手にとって読んでみてください

ハーブや健康食材について

子供だけではなく普通の大人にとっても、脳内物質が正しく機能することで感情が安定すると思いますので、こういうミネラル補給をしていきたいですね。

健康じゃないと、自分の好きなことや遊ぶこともままならないですから、楽しい人生にしたいものです。

それではまた🐧

コメント

タイトルとURLをコピーしました